読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのすうがく

いろいろな本をもとに、「数学」について考えています。

はじめてであうすうがくの絵本〜なかまはずれ〜

絵本の最初に出てくる話です。これが、素晴らしい。。

ここでは、言葉で伝えていきます。

各ページの中から、なかまはずれを見つけていくものです。

□と○、1つだけ違うてんとう虫。

これが、数学的概念の形成に他ならない。

いくつもの対象を抽象化して、違いよりも共通点により目が向く。

ページが進むにつれて、見た目の違いだけで分けて行けなくなる。

一つ一つの絵の意味やページの中の関係を考えないと考慮しない、決められない。

これは、巻末の解説にも出ている「何を持って1とするか」

ということにつながります。

集められたものの中から、その共通点を探し出す

どんなことで、仲間はずれにするか、

子どもと話していると、「知っていること」「理解」というものが見えてくる。